ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

生活 雑学

防水スプレーの使い方は?傘に向いてる種類とかけ方も解説!

2017/02/15

防水スプレーの使い方:傘編

傘を長く使っていると、

だんだんと水のはじきが

悪くなってきますね。

だからといって雨具として

使えなくなるわけではないのですが、

ぱぱっと水が落とせないのも

手間ですし、

染み込んでしまいやすくなります。

 

防水スプレーで、

はっ水効果を回復出来るのですが、

傘に防水スプレーを使うに当たって、

注意すべきことはあるでしょうか?

今回は傘に向いている防水スプレーの種類と、

かけ方について紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

防水スプレーの種類と使い方

防水スプレーには、

フッ素系とシリコン系という

2種類のタイプがあり、

それぞれ効果や有効なものが

変わってきます。

 

詳しい内容については、

以前管理人が書いた

防水スプレー:靴編の記事に載っています。

※靴へのかけ方とありますが、
項目:基本となる効果的な使い方
項目:防水スプレーの頻度
項目:防水スプレー厳禁の素材!
で紹介している内容は、
靴以外の製品にも当てはまります※

同じことを書いても仕方ないので、
詳しくは以下の記事をご覧ください。

防水スプレー:靴編の記事はこちら↓

防水スプレーの使い方!靴へのかけ方とおすすめ防水スプレーを紹介!

その他、

このページに書かれていない

基本的な傾向としては、

フッ素系の方がシリコン系よりも

値段が高いことが多いです。

 

ですので、

一般的な方針として、

シリコン系で問題なければシリコン系

それではちょっと都合が悪い

というときにフッ素系

考えてみるのが効率的です。

Sponsored Link

傘に有効な防水スプレーの種類は?

基本的には、

傘に通気性は必要ありませんよね。

雨水さえ通さないでくれれば、

傘の役目は果たせます。

シリコン系の方がスプレーをかけてから、

はっ水効果を得られるまでの時間も短く、

即効性が高いので、

傘に使うならシリコン系のスプレー

おすすめです。

 

ただ、

お気に入りの傘がある場合など、

雨を防いでくれるだけではなく、

きれいなまま使い続けたいというような場合

には、汚れを防ぐ効果のある

フッ素系スプレーのほうをお試し下さい。

 

フッ素系とシリコン系の

ハイブリッド型というのもありまして、

これも値段が高めではありますが、

汚れを防ぐ効果が高いという

特徴があります。

 

防水スプレー以外の防水方法

そんなに値が張るわけではありませんが、

たまにしか使わないし、

そこまできっちりとした効果が

必要なわけでもないから、

お手軽に済ませたいなー

という人もいるかもしれません。

 

そういう場合は、

傘をドライヤーで乾かす

テクニックが有効です。

湿ったタオルなどで軽くぬらして、

そこにドライヤーを当て、

時々水をたらしてはっ水効果を確認します。

熱によってフッ素のはっ水効果が

一時的に回復するので、

何もしないよりかは断然効果があります。

 

ドライヤー以外では、

アイロンをかけるなんて方法もあります。

熱の加減が難しいですが。

ただし、

これらの方法は、

ビニール傘には使えませんので

注意して下さい。大変なことになります。

 

最後に

防水スプレーの選択というのは、

なかなか頭を悩ませるところなのですが、

傘に関しては、ほとんどの場合は

シリコン系を使っておけば

問題なさそうです。

 

ちなみに、

はっ水効果は汚れや摩擦などに

よってはがれやすくなりますので、

折り畳み傘は、はっ水効果が

弱まりやすいです。

 

折り畳み傘へのスプレーがけは、

少し頻度を増やす方が

安定した効果が得られますね。

 

関連記事はこちら!

Sponsored Link

-生活, 雑学
-, ,