ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

生活 雑学

防水スプレーの使い方!バッグへのかけ方と有効タイプは?

2017/02/15

防水スプレーの使い方:バッグ編

防水スプレーは、

雨具や衣服によく使いますが、

バッグに使われる事も多いものです。

中に入っているものは

お金とか水に弱いものとか、

資料とかかもしれません。

そういうものを保護するために、

どうしても防水機能が必要ですよね。

しかし、

バッグに使う防水スプレーには注意が必要です。

 

今回はバッグにかける防水スプレーの種類や、

防水スプレーのかけ方を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

防水スプレーの種類と使い方

防水スプレーには、

大きく分けて

フッ素系

シリコン系

の二種類があります。

フッ素系の方が通気性がよく、

衣類に使う場合などに向いていたり、

シリコン製の方が撥水性は高いなどの

特徴があります。

 

防水スプレーに使われている成分や、

基本的な使い方については、

管理人が前回書いた以下の記事

「防水スプレー:靴編」と

内容が被っているので、

そちらをご覧ください。

防水スプレー:靴編の記事はこちらから↓

防水スプレーの使い方!靴へのかけ方とおすすめ防水スプレーを紹介!

※靴へのかけ方とありますが、
項目:基本となる効果的な使い方
項目:防水スプレーの頻度
項目:防水スプレー厳禁の素材!
で紹介している内容は、
バッグにも当てはまります※

 

また、

同記事でおすすめしている

防水スプレーは、
同じくバッグにもおすすめ出来ます。

(ただし、バッグの材質

しっかりチェックしてください!)

Sponsored Link

バッグに有効な防水スプレーは?

バッグに有効な防水スプレーは、

バッグの材質によって変わってきます。

まずは、

革以外のバッグの場合

考えて見ましょう。

この場合は、

シリコン系が向いているはずです。

バッグに通気性は必要ないですよね?

単純な防水効果であれば、

シリコン系の方が効果が高く、

即効性もあり、

値段もお安くなっていますから、

シリコン形のスプレーを使うのが

効率的です。

とはいえ、

フッ素系の防水スプレーには

汚れを防ぐ効果があります。

防水効果だけではなく、

バッグを綺麗に保ちたいという

期待もあるのなら、

フッ素系のスプレーも

選択肢に入れてみて下さい。

実際、

汚れ防止の目的で

防水スプレーを使うという

人たちもいます。

 

さて、

問題は革製のバッグです。

これはもう、

フッ素系一択です。

絶対にシリコン系のスプレーを

使ってはいけません。

革製品は通気性を必要としますが、

シリコンの膜が通気を塞いでしまいます。

これではバッグが傷んでしまいます。

では、

フッ素系スプレーなら

安心して使えるのかというと、

これも材質によります。

使ってはいけないのは、

爬虫類革・エナメル革のバッグです。

爬虫類革にかけてしまうと、

スプレーの成分と反応して

黄ばみを起こすことがあります。

エナメルの場合は、

もともと防水能力を持っているので

必要ありませんし、

スプレーをかけてしまうと

やはり色が変わってしまうことがあります。

 

最後に

スプレーを使うときは、

きれいな状態で使用して下さい。

すでにバッグが濡れているとか、

汚れているという状態で

スプレーをかけると、

そのままの状態をコーティング

してしまいます。

フッ素系であれシリコン系であれ、

包み込むことで水を防ぐことは

同じなのですが、

包み込んでしまってからでは

落とすのが大変です。

防水スプレーを正しく使って、

バッグを長持ちさせてください。

 

関連記事はこちら!

Sponsored Link

-生活, 雑学
-, ,