ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

生活 雑学

サンカヨウの花言葉は?透明になる理由や生息地も紹介!

2017/03/07

サンカヨウ

初夏~夏にかけて花が咲く「サンカヨウ

サンカヨウは多年草なのですが、実は環境によって見方が変わる面白い花なんです。

初めてその名前を聞く人も多いと思うので、

今回はサンカヨウの花言葉や生息地、花の特徴などについて紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

サンカヨウの生息地は?

日本の本州の中部地方よりも北の地域に分布する植物です。

花が咲くのは5月~7月で、その後は実をつけます。

深山や少し湿った場所に映えている事が多く、

特に北海道ではよく見かけることが多いです。

実はオンラインショップなどで購入でき、価格帯は1000円前後です。

 

サンカヨウという名前の由来

ハスの事を荷葉(かよう)というのですが、

サンカヨウはハスに似た葉のつき方をするのが特徴です。

山のハスという意味を込めて山荷葉(サンカヨウ)と名づけられました。

 

サンカヨウの特徴

サンカヨウの高さは個体差はあるものの30~70cmであることが多いです。

葉っぱは大きいものと小さいものが2枚ついていて、

フキのような形をしています。

花がつくのは小さい葉っぱのみで、大きい葉っぱには付きません。

 

花が咲いた後はブルーベリーのような実が出来るのが特徴です。

黒く熟したものに限れば、なんと食用にもなるようです。

甘酸っぱいので、見た目通りの味です。

Sponsored Link

サンカヨウの花が透明になるのはなぜ?

サンカヨウを雨の日や朝露のある日に見つけたら、大チャンス!

花の部分は濡れるとだんだん半透明になり、とても幻想的な美しさがあります。

薄暗い森の中では意外にも目立つようなので、見つけやすいと思います。

 

透明になる理由としては、

花が濡れることで光を吸収したり反射しなくなるからのようです。

しかし正確には判明していないようなので、

植物学者の方には是非解明してほしいですね。

 

サンカヨウの花言葉

サンカヨウの花言葉は「親愛の情」です。

親近感や好意といった気持ちを表し、親しい人を大切にする気持ちをさします。

 

花がもろく、

濡れると透明になるその様から、

自身が消えることになってもあなたが好きな気持ちは変わらないという意味を込めたのかもしれませんね。

花自体も花言葉もなんともロマンティックです。

 

まとめ

雨が降ると憂鬱になるひとも多いと思いますが、植物にとっては恵みの雨です。

そういった日にあえて山登りをしてみると、

今まで出会えなかった植物などに出会えるかもしれません。

 

大きな山でなくても公園などにも意外に咲いている事もあるサンカヨウ。

お気に入りのカメラを使って、

写真を撮ってみるのもいいかもしれませんね!

Sponsored Link

-生活, 雑学
-, , , ,