ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

生活 雑学

セーラー服の襟の意味とは?理由や歴史、構造も画像つきで紹介!

2017/03/01

女性・男性問わず人気の高いセーラー服!

着たことが無い方は、

「一度は着てみたいな~」と思ったり、

逆に制服として着たことがある方は、

「思っていたのと違う!」

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回はセーラー服の特徴である”あの襟”に関するエピソードをメインに、

セーラー服の歴史や構造などを紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

セーラー服の歴史とは?

まずはセーラー服の由来と歴史をおさらいしていきましょう!

セーラー服(セーラーふく)は、セーラーカラーと呼ばれる、独特の形状をした大きな襟が特徴のトップス。

世界中で海軍の軍服として使われ続けている他、19世紀後半から20世紀初頭にかけて子供服や女性のファッションとして世界的に流行した。

セーラー服は、19世紀に水夫(セーラー、英語:sailor)の甲板衣として誕生した。

 

引用:セーラー服 - Wikipedia

「セーラー服は海軍の軍服である」

という、うっすらした情報はなんとな~くご存じの方も多いかと思われます。

誕生したのは19世紀(1801年~1900年)

…案外、そこまで昔でもありませんでした笑

 

そして、セーラー服が軍服から子供服・女性のファッションとして流行したのは19世紀の半ば。

セーラー服出典:セーラー服 - Wikipedia

ヴィクトリア女王は、王室ヨット“HMY Victoria and Albert”乗組の水兵の制服として揃えられたセーラー服が気に入り、同じデザインの子供服を誂えて1846年のクルージングの際皇太子エドワードにその服を着せた。

女王は他の王子達にもセーラー服を与え、孫であるプロイセンのヴィルヘルム王子にも贈った。

このことから、イギリスでは王室に倣い、海軍好きの国民性も相俟って子供服として流行した。

また、この流行はその後20世紀初頭にかけて世界的なものとなった。

また、19世紀のフランスでは女性のファッションとしてセーラー服が着られるようになり、その後ボーイッシュ・ブームの一環としてヨーロッパ各国やアメリカで女性のファッションとして流行した。

引用:セーラー服 - Wikipedia

セーラー服を子供服・女性のファッションとして確立させたのは、

ヴィクトリア女王だったんですね!

 

今でこそ女性のファッションとして有名ですが、

その前に子供服としての流行が先にあったようです。

 

セーラー服は制服だけではない!

セーラー服となると、

どうも制服としてのイメージが非常に強いです。

 

ですが、近年だと「マリンルック」と呼び、

セーラー服を連想させる襟のついたトップス(コスプレや制服ではない)もちらほらと見かけます。

 

↑こんな感じの服装です。

女性なら一度は見かけたことがあるのではないでしょうか?

しかし、男性とのペアルックまで出ているとは…!

 

なんとも可愛らしいデザインで、

セーラー服を着たことのある人も、

着たことのない人も気になってしまいますね!

Sponsored Link

セーラー服の襟の意味って?

ここで気になるのが「セーラー服の襟」

あの大きく広がった襟がセーラー服の特徴といっても過言ではありませんが…

一体どんな役割を持っていたのでしょうか?

 

Wikipediaによると、”有力な説”は以下の通り。

  • 甲板上で風などの影響によって音声が聞き取りにくいときに襟を立て集音効果を得るため
  • 後ろ襟や背中が脂やフケで汚れを防ぐため

どちらもそれっぽい内容ですが、

実は諸説あり、どちらも定かではない情報とのこと。

 

2つ目の「後ろ襟や背中が脂やフケで汚れを防ぐため」は、

当時海軍の間で流行していた「タール漬けの豚の尻尾」と呼ばれる、

「長髪を後ろで括ってポマードで塗り固める髪型」から、

この説が現れたのですが、

「この髪型とセーラー服の襟が共存していた時期は無い」

と、イギリス政府のサイトで明言されています。

 

ということで、

説としては1つ目の、

甲板上で風などの影響によって音声が聞き取りにくいときに襟を立て集音効果を得るため

が、有力かと思われます!

 

胸のスカーフにも意味がある!

セーラー服の特徴の1つとして挙げられるのが「胸のスカーフ」

もちろんセーラー服の襟同様、ちゃんとした意味があります!

装飾として胸元にタイ(スカーフ)があり、その起源は水兵が手ぬぐい代わりに使うための物であったと言われている。

引用:セーラー服 - Wikipedia

手の汗を拭いたり、

汚れや水を拭き取るために使う…といった感じでしょうか。

 

現在では飾りとしての部分が大きいので、

胸のスカーフをハンカチ代わりに使用している人は流石に見ませんね(^^;

 

セーラー服の構造

セーラー服の種類によって構造も変わってくるため、

あくまで一例となりますが、ご紹介します。

 

胸のスカーフがタイになっていますが、

大体この形状のセーラー服が一般的ですね!

スカーフは襟の下で巻いています。

スカーフの折り方は人やセーラー服の形状によって違うので、

後ろ姿で襟が見える場合と見えない場合があります。

見えない場合

 

見える場合

 

そして、次に紹介するのがこの形状!

結構珍しい形状だと思うのですが…

セーラー服の襟とスカーフが一体化していますね。

構造は言うまでもなく、

襟と一体化したスカーフを前で結んでいます。

 

 

「セーラー服のイラストを書きたい」

「コスプレ衣装としてセーラー服を作りたい」

という方は、以下の書籍に詳しく構造が紹介されています!

 

こちらの本を参考にしたり、

セーラー服を持っている人に借りたり(怪しまれないように笑)、

実際に手にとって観察してみると分かりやすいかもしれませんね!

Sponsored Link

-生活, 雑学
-, ,