ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

スポーツ

全仏オープン2回戦!

2017/06/15

全仏オープン2回戦、対戦相手は世界ランク74位のジェレミー・シャルディです。初戦の試合後、錦織圭選手は自分を戒めるかのように、初戦でのプレーを厳しく評価しました。2回線でその反省点を生かすことはできるのでしょうか。それでは、試合内容を見ていきましょう。

第1章「第1セット」

第1ゲームでは、錦織圭選手のミスが目立ち、いきなりブレイクを許す展開になってしまいました。最初はどうなるかと思って見ていましが、今度はシャルディのミスが目立ち、錦織圭選手がブレイクバックに成功。錦織選手がブレイクに成功したときは、本当に安心しました。しかし、第3ゲームでは、シャルディの強烈なサーブに錦織圭選手がついていけない様子で、また、シャルディも早い展開のラリーになると錦織圭選手についていけない様子でした。まだまだ試合がどうなるかは予想がつきませんね。そして、第8ゲームではシャルディのミスが目立ち、錦織圭選手がブレイクに成功し、第9ゲームで、錦織圭選手がフォアハンドウィナーを決め、このゲームをキープし、第1セットを取りました。錦織圭選手が第1セットを取るまで、あっという間でしたね。

第2章「第2セット」

第1ゲーム、錦織圭選手のリターンエースが輝き、いきなりブレイクに成功するという展開に。第2ゲームでは、早いラリーでシャルディを左右に動かし、ラブゲームでキープしました。そして、第3ゲームでも錦織圭選手のリターンエースとシャルディのミスで、ブレイクに成功しました。ここまで、とても順調な錦織圭選手でしたが、たまに胸のあたりを気にしているのが心配なります。第5ゲームは錦織圭選手のスーパーショットがさく裂し、このゲームもブレイクに成功しました。錦織圭選手のサービスゲームである第6ゲームでは、しっかりと決め、ラブゲームでキープ。なんとこのセットは、1ゲームも落とさず取りました。今回の錦織圭選手は一味違いました。

第3章「第3セット」

第1、第2セットとかなり順調な錦織圭選手でしたね。このまま試合が進んでくれることをただ願っていました。第1ゲームでは、またもシャルディのミスが続き、錦織圭選手がブレイクに成功しました。第2ゲームでは錦織圭選手がダブルフォルトをしてしまうシーンもありましたが、しっかりとキープしました。そして、第3ゲームでもシャルディのミスが目立ち、錦織圭選手の連続ブレイクが成功。ここまで、とても順調だった錦織圭選手でしたが、気にしていた右胸あたりのケアをするために、メディカルタイムをとりました。錦織圭選手は大丈夫なのかとても心配しましが、なんとか試合に戻る錦織圭選手を見て、とても安心しました。そして始まった第4ゲーム、先ほどの影響か、錦織圭選手のミスが続き、ブレイクを許してしまう展開になってしまいました。第7ゲームまで、お互いに一歩も譲らない試合となりましたが、第8ゲームで、またもシャルディにブレイクを許してしまいました。そして、第12ゲームまで、お互いサービスゲームをキープし、試合はタイブレークに突入する展開に。タイブレークで錦織圭選手はかなり危ない様子でしたが、なんとかタイブレークを制し、シャルディに勝つことができました。

第4章「まとめ」

この試合、錦織圭選手はかなりいい状態で試合をすることが見てわかります。初戦での反省点も、しっかり生かすことができ、第1セット、第2セットはほぼ完ぺきな試合運びだったと思います。それに比べてシャルディはホームでの試合でしたが、全力は出せなかったように感じました。とは言ってもシャルディのサーブはとても強力でしたね。また、この二人の試合を楽しみにしています。

Sponsored Link

-スポーツ