ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

雑学 イベント

イースターエッグとは何?作り方は?簡単な手作り方法まとめ!

2017/03/10

春といえばイースター

「復活祭」と訳されるイベントで有名ですね。

 

イースターの馴染みは薄くても、

イースターで飾られる「イースターエッグ」はご存じの方も多いのではないでしょうか?

可愛らしい見た目なので、

ぜひとも作ってみたいところ!

 

今回はイースターエッグの由来や作り方を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

そもそもイースターとは?

イースターとは復活祭のことをいいます。

復活祭とは十字架にかけられて処刑されたイエス・キリストが3日目に復活したことを記念・記憶するキリスト教において最も重要なお祭りです。

 

詳しくはイースターの由来や意味についての記事を参照してください。

イースターはいつ?意味や由来とは?開催されるイベントまとめ!

 

イースターエッグとはなに?

イースターエッグとは、

復活祭(イースター)の休日、

もしくは春を祝うための特別に飾り付けられた鶏卵を指します。

 

元々染めたり塗ったりした鶏卵(ゆで卵)を使いますが、

現代ではチョコレートで作られた卵や、

ジェリービーンズなどのキャンディを詰めたプラスチックの卵で代用するようになってきました。

なんと、プラスチックの卵には現金を入れることもあります。

 

お菓子を詰めたイースター・エッグについては、

カラフルなホイルで包まれ中が空洞になったチョコレートの卵といったように、

菓子業界はあらゆる形を提供しています。

 

よくあるゼリーの卵やジェリービーンズは、

ペクチンのキャンディを砂糖でコーティングしたもの(糖衣)になります。

英語を使う国やドイツには、

これらのたまごをイースター・バニーというウサギが隠すという伝承があり、

復活祭の朝に子供たちが探します。

有名な任天堂のゲーム「どうぶつの森」の一部シリーズで知った方も多いのではないでしょうか?

 

フランスやイタリアでは協会の鐘が運んでくることなっています。

一番多くの卵を集められるか競争することも。

Sponsored Link

イースターエッグの作り方

まず、本物の卵を使うか卵型の発砲スチロールを使うかです。

本場のイースターエッグにこだわるなら本物

食べ物を使いたくない場合や、

小さいお子様と作る場合などは卵型の発砲スチロールを使うことをおすすめします!

卵型の発砲スチロールは規模の大きい手芸屋さんかホームセンターで購入できます。

見つからない場合はネットショッピングで見つける方法もあります。

今回は卵型の発泡スチロールでの作り方を紹介していきます。

卵型の発泡スチロールが用意できたら、

色を塗ってデコレーションを施します。

絵の具は水彩絵の具よりもアクリル絵の具やポスターカラーがおすすめ!

ポスターカラーは最近100円ショップでも手に入れることができるので、

比較的用意しやすいですね。

また、買いに行くのが面倒な場合は、

同じくネットショッピングで揃えてしまいましょう。

 

発色がきれいで、ポスターカラーはムラなく塗ることができます。

デコレーションのポイントは、ベースを明るい色で塗るとイースターらしくなります♪

模様を書くのが難しいなら、

水玉模様やぐるっと一周させるだけでも可愛らしく仕上がります。

 

まとめ

イースターエッグは、

可愛くおしゃれにできるので、

イースター抜きでも、部屋に置く用としてお子さんと楽しく作れるのでおすすめです!

 

本物の卵を使うと、

力加減やゆで卵などだと腐る場合もあるので、卵型の発砲スチロールを推奨します。

自分らしいデザインで自分らしいイースターエッグを作ってみてください♪

Sponsored Link

-雑学, イベント
-, , , ,