ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

芸能 ドラマ

カインとアベルが打ち切りに!理由や真相は?感想や評価から考察

2017/02/04

カインとアベル、ドラマ

現在放送中の月9ドラマ「カインとアベル」がなんと打ち切りになるのではという噂が!

「カインとアベル」といえば、Hey! Say! JUMPの「山田涼介」さんが主演を務めたことで有名ですよね。

今回は何故「カインとアベル」が打ち切りになってしまったのかという理由や真相に加え、ファンの反応や管理人独自の考察も含めて紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

放送前の評判

まずは月9ドラマ「カインとアベル」にどんなことが期待されていたのか、放送前の評判をおさらいしてみましょう!

 

 

 

 

 

 

などなど。

「泥沼物だったらいいな!」という声が多く見られました。

また、多数のドラマや映画で活躍している山田涼介さんに対する期待も挙がっていました!

 

低迷する視聴率と打ち切りの噂

Hey! Say! JUMPのファンのみならず、月9ということで大きな期待を集めていた「カインとアベル」

しかし、第1話の視聴率は「8.8%」

事実として、月9としてはかなり低い視聴率となってしまいました。

以下、7話までの視聴率となります。

第1話 8.8%

第2話 8.6%

第3話 6.9%

第4話 7.0%

第5話 7.6%

第6話 9.0%

第7話 8.8%

引用:ドラマ視聴率速報 カインとアベルの第7話の平均視聴率は8.8%

第3話では6%台にまで低下。

この時点で「打ち切りルートなのでは?」という噂も少なからず出ていたみたいですね。

 

 

そしてこの記事を書いている12月2日現在、「事実上の打ち切り」がフジテレビ関係者より語られることとなりました。

「今期の月9ですが、予定より1週間早く終わるそうです。ええ、実質上の打ち切りです」

予定より1週間早く終わるということで、1話分が丸々カットされるということになります。

普通ドラマは全10~12話構成がほとんどですが、この噂が事実なら9話~11話ほどで終わるという計算になります。

 

参考として、「カインとアベル」の”放送予定日”を書き出してみました。

12月5日:第8話

12月12日:第9話

12月19日:第10話

12月26日:第11話

順調にいけば全11話構成になりますが、現実的に考えると12月後半は大体特番の印象ですよね。

 

現に、今放送されている「ドクターX」の最終回は12月19日。

同じく「逃げるは恥だが役に立つ」の最終回は12月20日。

また、確定事項ではありませんが「砂の塔」の最終回は12月16日ではないかという噂も。

 

このことから、現在放送されているドラマは遅くとも12月20日までには最終回を迎えることが予想できますね。

 

ということで…「カインとアベル」は12月19日の第10話が最終回になるのではないかと予想

うーん…このことから考えると、元から10話構成 or 11話構成”だった”ということでしょうか。

前者の「元から10話構成」なら、もしかしたら前倒しとして9話で最終回を迎える可能性も…

 

何やともあれ、最終回の放送日に関しては公式からの情報を待つしかありませんね、

Sponsored Link

打ち切りの理由や真相は?

では、なぜあんなに期待されていた「カインとアベル」の打ち切りの噂が出てしまったのでしょう?

 

 

福山雅治さんが主演を務めた「ラヴソング」が月9史上最低視聴率に終わってしまい、

月9主演=「役者クラッシャー」のイメージがついてしまいました。

※役者クラッシャー…「この俳優(女優)は視聴率が取れない」という悪い印象がつくこと。

おかげで以降の月9主役がなかなか決まらず、共演者のキャスティングも難航したそうな。

 

また、フジテレビの関係者からは以下のような情報も出ていたようです。

「制作担当者があちこちの事務所に企画書を持ちこんで何とかキャスティングした」

相当スタッフたちも慌てていたみたいですね…

結果、制作が急ぎ足になってしまったのではないでしょうか。

 

ストーリーや月9自体の評価は?

打ち切りの噂が飛び交っている「カインとアベル」ですが、

視聴者の感想や噂に対する反応はどういったものなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

などなど…

ファンの方々からは「やめないでほしい」といった声はもちろん、

キャスティングの不一致にも言及されている方もちらほら見られました。

 

 

また、ストーリーや月9自体に対する評価はかなり悪いらしく、

「月9自体が面白くなくなっている」

「とにかく話が暗い」

「ジャニーズをタレントとして起用しすぎ」

といった厳しい声も。

Sponsored Link

どのようなストーリー(内容)にすればよかったのか?

「打ち切り」や「月9自体が…」というネガティブな話題が続いてしまいましたが、

どんな内容だったら人気が出て、視聴率も多く取れたのでしょうか?

 

コメディとシリアスのバランス

まず、上の項目で出ていた「話が暗すぎる」という点。

比較をしてしまうようで大変気が引けてしまうのですが、

現在放送されている「ドクターX」「逃げるは恥だが役に立つ」

この2つのドラマは視聴率が高く、安定した人気も確認できますね。

 

「ドクターX」と「逃げるは恥だが役に立つ」の共通点というか、

個人的に当てはまっているな…と思ったのが「コメディとシリアス」のバランス。

「ドクターX」は医療ドラマでありながら、時事ネタを挟んだコメディ要素が多く見られます。

一方「逃げるは恥だが役に立つ」に関してはジャンル自体が「ラブコメ」

 

内容があまりにもシリアスだったり重すぎたりしたら、純粋に疲れてしまうんですよね…

月9にコメディ要素を求めるのもおかしな話かもしれません。

しかし、過去の月9を振り返ってみると…

 

2006年放送:「のだめカンタービレ」

2007年放送:「ガリレオ」

2011年放送:「全開ガール」

 

結構明るいラインナップではありませんか!?

また、今挙げた3つは視聴率はどれも高い数字を叩き出しています。

これを見てみると、やはり「コメディ要素」の配分もかなり重要になってくると思われます。

 

ストーリーのテンポ

「カインとアベル」の打ち切り説を底上げする要素として、「テンポの悪さ」も見られました。

 

 

 

重い話となると、どうしても「テンポ」の悪さが目立ってしまうのかもしれません。

コメディが半数近く占めているドラマだと、ノリや雰囲気で話が進むのですが、

真面目過ぎる内容だと描写が冗長になったり、唐突な展開になってしまいがち(あくまで管理人の意見)

こうなると、説得力のある展開を期待するほかありませんね…

 

「カインとアベル」の打ち切り説まとめ

  • フジテレビの関係者が「打ち切り」についてこぼした。
  • 惜しむ声もあれば妥当なのではといった意見も見られた。
  • キャスティングやテンポに関する意見有り。
  • 10話で最終回を迎えるかも?
  • 前倒しをした9話で終わる説も。

 

以上になります!

管理人は久しく月9を見ていないのですが…これが俗に言う「月9離れ」なのでしょうか。

現在の流行りを見ていると、見ていて明るくなれたりコメディ要素が多いドラマが人気が出る傾向がありますね。

「のだめカンタービレ」が大好きだったので、同じようなドラマを月9でもしてくれたら管理人的には嬉しいのですが…!

Sponsored Link

-芸能, ドラマ
-, , ,