ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

ポケモンジェネレーションズ アニメ ポケモン 感想

ポケモンジェネレーションズ3話公開!リーグ戦が熱い!感想&考察

2017/02/04

※12月9日:日本語版動画&キャスト追加

 

日本時間の2016年9月23日、ポケモンジェネレーションズ3話が公開されました!

第3話はライバル(グリーン)視点でのポケモンリーグの挑戦となります。

今回は第3話の感想と、簡単な考察を交えながら紹介していきます!

 

ほか、ポケジェネ感想記事は下からどうぞ!

Sponsored Link

今回の登場人物

今回はリーグ戦なのでカントー地方の四天王が登場します。

以下、簡単な人物紹介!

ポケモンジェネレーションズ、ワタル

四天王のチャンピオン、ワタル。

ドラゴンポケモンの使い手で、相棒はカイリュー。

第3話では真っ先に登場します。それにしても悪役顔だなぁ…

彼を始めとした四天王の顔見せの場面ではポケモンリーグのアレンジBGMが流れます。

重々しく、緊張感の溢れるアレンジなので思わず手に汗握る。

人に向けて「はかいこうせん」を撃たせたり、その独特な格好からネタにされがちなワタルですが、今回は至って真面目です。

 

ポケモンジェネレーションズ、カンナ

四天王の1番手、カンナ。

冷たいこおりタイプの使い手。今回はラプラスを使っていました。

クールで知的な印象ですが、ポケモンのぬいぐるみを集めているという可愛い趣味も(ポケモン ファイアレッド・リーフグリーンで判明)

 

ポケモンジェネレーションズ、シバ

四天王の2番手、シバ。

見た目通り(?)かくとうタイプの使い手で、今回はカイリキーを使っていました。

彼と言えば、戦闘前の「ウー!ハーッ!」が印象的ですが、ポケジェネでも見事に再現されていました。非常に原作に忠実です…

 

ポケモンジェネレーションズ、キクコ

四天王の3番手、キクコ。

ゴーストタイプ(+どくタイプ)の使い手で、今回はアーボックとゲンガーを使っていました。

意地悪そうなおばあちゃん感が素晴らしいですね。ライバルとの会話でもやや煽りを入れていました。

オーキド博士とは昔強さを競っていた仲だそうです。

 

ポケモンジェネレーションズ、ライバル、グリーン

主人公のライバル(グリーン)

ゲームのバージョンやプレイヤーによって名前が変わるので一概にグリーンとは呼べませんが、一般的な名称がグリーンなので以下グリーンで統一。

勝ち気な青年で、主人公にもすました態度で接するライバルポジションのキャラクター。

その態度に相応しい強さを誇り、今回のリーグ戦も余裕で勝ち進みます。

ちなみにリーグ挑戦のシーンとラストではライバルのテーマ(出会った時に流れるBGM)のアレンジが流れます。

アレンジBGMにすらやはり余裕を感じます。

 

ポケモンジェネレーションズ、レッド、主人公

主人公(レッド)

逆光で見えにくいのですが、ちゃんと顔も描写されています。

1話同様、ファイアレッド・リーフグリーンのビジュアルです。

ただし、1話の主人公とは別人の可能性もあり(詳しくは感想部分で)

Sponsored Link

ポケジェネ3話感想

以下、ポケジェネ3話の感想を書いていきます!

激しくネタバレしているので、未視聴の方は注意!下の動画から本編を見ることが出来ます。

3話冒頭は挑戦者を待ち望んでいる四天王たち。

かっこいいんですけど、影の入り方で見ようによっては悪役に見えてしまう笑

4人とも独特の余裕を感じます。

場面が変わり、今度は彼ら四天王に挑もうと意気込むグリーンの姿!

やはり彼にも余裕を感じますが、果たしてこの余裕の源は一体なんなのか?強さからなのでしょうか?

 

勢い良くリーグの扉を開け、四天王のカンナに挑むグリーン。

3話に限らず演出が秀逸で、(カンナの使う)ラプラスの目線に切り替わるシーンが印象的でした。

ポケモンジェネレーションズ、カンナ、ラプラス、フーディン、グリーン

グリーンの使うフーディンのサイコキネシス(?)が決まったシーン。

直前のラプラス視点では見失ったフーディンを探す姿と、サイコキネシスで視界が歪み逆さまになる描写が見られます。

 

余裕で圧勝し、2番手のシバ戦へ。

人物紹介でも挙げた通り、シバの「ウー!ハーッ!」が再現されているので熱いです!

惜しいなと思ったのは、再現の熱さとは打って変わって、あまりにも早く勝負がついてしまったので「シバ弱いな…」と感じてしまうところ。

限られた時間での描写になるので仕方ないのですが、もう少しシバ(と使用ポケモン)の見せ場も欲しかったような気も。

 

続いては3番手のキクコ。

グリーンのサイドンによって倒されたキクコのアーボック。

それでもなお余裕の表情でゲンガーを繰り出すキクコ婆さんは必見。

ポケモンジェネレーションズ、ゲンガー、キクコ

モンスターボールが取り付けられた杖から影が伝い…

ポケモンジェネレーションズ、ゲンガー、キクコ

地面に伝った影からゲンガーがぬるっと登場するシーンにはこだわりを感じました。

ゲンガー好きのトレーナーは見逃さないように!

 

ラストはチャンピオンのワタル戦!

初手カイリューで流石のグリーンもビビるかと思いきや、真剣な表情を崩さないまま相棒を繰り出す姿には思わず口が開く。

一貫していてかっこいいです。

ポケモンジェネレーションズ、カメックス、グリーン

グリーンの相棒はカメックス。

このことから、マサラタウンでは最初にゼニガメを選んだことが分かりますね。

グリーンは主人公のポケモンにタイプ相性の良いポケモンを選ぶので、必然的に主人公はヒトカゲを選んだことになります。

しかし、ポケモンジェネレーションズ第1話では、

ポケモンジェネレーションズ、フシギダネ

主人公はフシギダネを使っています!

このことから、第1話とは繋がっていない(1話の主人公とは別)とも考えられます。

御三家ポケモンの出番が均等になるように配慮した可能性もあるので、あまりに深いツッコミは野暮だと思いますが…(^^;

ということで、主人公VSグリーン戦(あるのか不明ですが)では主人公はリザードンを使うとみて間違いないでしょう。

話を3話に戻し、カイリューVSカメックス戦。

バトルはほぼ互角。互いの攻撃が当たった後のカイリューの仕草(首を振って水しぶきを払う仕草)が可愛かったです笑

一方、カメックスは首を甲羅に引っ込めて大ダメージを避けていた様子。画面が変わった瞬間、首が見えなかったので一瞬びっくりしてしまいましたが…

ポケモンジェネレーションズ、カメックス、カイリュー

非常に熱い戦いが予想されました!

 

場面は変わり、チャンピオンの座に輝いたグリーン。

グリーンに挑む挑戦者は…

ポケモンジェネレーションズ、レッド、主人公

ポケモンジェネレーションズ、主人公、グリーン

主人公レッド!(※グリーン同様、プレイヤーによっては名前が異なります)

来るのは分かっていた!とばかりに椅子から立ち上がるグリーン!

…と、第3話はここで終了。

気になるところで終わってしまうのがリアルアニメ感があってもどかしい笑

 

公開時期からして、次回4話の公開は9月30日が候補になります。

果たしてこのバトルの続きはあるのでしょうか?!

たっぷり1話まるごと戦闘回だと熱くて盛り上がること間違いなしですが…

気になるところですね!

 

日本語版「エピソード3:挑戦者 」

12月9日、公式日本語版動画が公開されたので動画とキャストを紹介!

声優

挑戦者: 福山潤

ワタル: 細谷佳正
カンナ: 折笠富美子
シバ: 星野貴紀

キクコ: 京田尚子

 

 

ほか、ポケジェネ感想記事は下からどうぞ!

Sponsored Link

-ポケモンジェネレーションズ, アニメ, ポケモン, 感想
-, , ,