ちゅちゅ通信

気になったことを気ままに綴っていくブログです!

ポケモン ポケモンジェネレーションズ アニメ 感想

ポケモンジェネレーションズ10話公開!モミ達と洋館!感想&考察

2016/12/27

※10月29日(16:51):モミが拾ったメモとロトムに関して追記

※12月22日:日本語版動画&キャスト追加

 

日本時間の2016年10月29日、ポケモンジェネレーションズ10話が公開されました!

第10話はモミとラッキーが「もりのようかん」に迷い込む回となります。

今回は第10話の感想と、簡単な考察を交えながら紹介していきます!

 

ほか、ポケジェネ感想記事は下からどうぞ!

Sponsored Link

今回の登場人物

今回はモミと相棒のラッキーをメインに、「もりのようかん」の”住人たち”が登場します。

以下、簡単な人物紹介!

 

no-0001

おっとり系トレーナー、モミ

「ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナ(以降ダイパ)」で登場したトレーナー。

「ハクタイのもり」で出会う女性で、彼女と協力して森を抜けることになります。

そこまで目立つわけではありませんが、おっとりした性格や綺麗な容姿もあってかなり人気。

%e3%83%a2%e3%83%9f

↑ゲームでのモミさん。落ち着いた雰囲気はアニメと変わらず。

 

no-0002

モミの相棒、ラッキー

ポケモン赤・緑時代から登場しているラッキー。

普段登場するラッキーはポケモンセンターでお手伝いをしていることもあって穏やかな性格が印象的ですが、今回モミの相棒として登場するラッキーはちょっとお茶目(?)

 

no-0004

「もりのようかん」に住む(?)老人

ハクタイのもりにひっそり建つ洋館にいる老人。

紳士的な見た目ですが……

 

ポケジェネ10話感想

以下、ポケジェネ10話の感想を書いていきます!

激しくネタバレしているので、未視聴の方は注意!下の動画から本編を見ることが出来ます。

no-0000

「ハクタイのもり」を歩くモミとラッキー。

夜だというのに、2人ともかなり呑気に森を歩いています…鼻歌も歌ってるし笑

no-0003

歩いているとなにやら怪しげな建物が!

ダイパ(プラチナ)をプレイした人ならもう分かりますよね。「もりのようかん」です。

当時なんとか小学生だった管理人もかなり印象深い場所…というか今でもぶっちゃけ怖い。

どう見ても怪しいんですが、モミたちは気にせず「レッツゴー」とか言う始末。メンタルどうなってるんだ…

no-0004

洋館に入ると老人がお出迎え。

なんとか今夜は泊めてくれるとのこと(若干怪しい訳ですが)

no-0005

何にもしらないモミとラッキーは疑うこと無く老人に着いていってしまいます。

no-0006

飾っている絵画の視線にすら気づきません…

本来は洋館の個室にギミックがあるのですが、アニメの都合で玄関ホールでの演出。

no-0000

飯テロかな?

とりあえず夕食ということで、ダイニングルームに通されるモミとラッキー。

no-0007

なんて素敵な料理!美味しそう!いただきまーす!!

no-0008

あの…あの………

モミとラッキーは視聴者からは見えない何かが見えているようです…

no-0009

しかも食べることも可能!一体どういう仕組みなんだ???

幻覚とかそういう類なのか…

そして、ここのモミとラッキーがとても可愛いのがまた…

no-0010

これには思わず老人もにっこり(にんまり)

no-0011

やたらと主張されるナイフとフォーク(と見えない料理)

多分3~4回はこのカット入ってます。

no-0012

やたらと主張されるモミさんのお食事シーン。

唇がセクシー…

Sponsored Link

no-0014

お腹もいっぱいだし(何も食べてないけど)お部屋に案内してもらうことに。

ラッキーの鼻歌がめっちゃ可愛いので必聴。

名前そのまんまの「ラッキー!」という鳴き声のラッキーしか知らなかったので新鮮だ。

何度か老人を見失ったりしつつなんとかついていくモミとラッキーですが…

no-0015

no-0016

床に老人が沈んでいって…!?

no-0000

no-0018

よく分からない何かに追われるモミとラッキー!

やたらと怯え描写に気が入っているように見えるのは管理人だけではないはず…

no-0019

no-0020

必死に逃げるも虚しく捕まってしまいます…

1枚目を見て分かる通り、この幽霊の正体はゴーストですね。

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

ちゃんとゲーム版でも出現が確認できます。

ゴーストだけでなく、ゴースやゲンガーも。

no-0021

目が覚めると荒れ果てた部屋に。

慌ててラッキーを起こすモミ。

2人とも目を覚ました瞬間本が降ってきて怯えるなか、メモのようなものが落ちてきます。

no-0024

「あんなえたいのしれ…にモ…をもっていかれるとは…」

モミはどういう意味だかはわからない模様…(このメモの意味については後述)

no-0025

ふと後ろに気配が…

no-0027

明らかに人ではないものが…!

ミミロルのぬいぐるみが可愛いですね(必死)

この少女もゲームに出てきます。ここまで西洋風ではありませんが…!

no-0026

夕食を食べてからずっと怯えっぱなしのような気がする2人。

怯え描写の気合も入りっぷりもさっきから尋常じゃない。

絶対10話担当したスタッフは変態だよ……!!!

no-0028

no-0030

少女の幽霊もとうとう本性を…!!

今これを見て書いているのが真夜中3時ということもあって、心なしか管理人の背後もなんだか気配が…

no-0031

立て続けにこんな怖い目にあってもう2人のメンタルはボロボロ。アニメ冒頭の呑気さは一体どこへ……

ラッキー鼻水出てるよ!!!!

no-0032

非常に禍々しい洋館をうつして10話は終了!

 

モミさんが出るというのはPVを見ていて知っていたのですが「もりのようかん」が舞台だったんですね。

「もりのようかん」はトラウマとしてかなり話題になったほか、様々な噂が飛び交ったこともあり、ダイパ=「もりのようかん」という極端な印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

噂を挙げるとキリがないのでほどほどにしておきますが、大きく分けると「ナタネ犯人説」「ウラヤマ犯人説」など。

ゲーム版の洋館では幽霊が出るだけでなく、キッチンのゴミ箱から「どくけし」が見つかるなど、かなり凄惨な事件があったと予想できますが真相は謎。

少し調べていると、こんな情報も。

ハクタイシティの位置は北海道旭川市付近でここには神居古潭竪穴住居遺跡がある。
この場所にはカムイコタンの伝承が存在しており、少なからず色々心霊現象があるとされているようだ。
さらに同市にあるレジャー椎説の21世紀の森の奥に松扇園という洋館の旅館が存在しており、そこで客と従業員全員が毒殺される凄惨な殺人事件があり、犯人も旅館前のロータリーで首をつったという。ただしこれについては都市伝説という意見もある。
奇しくも同じ名前の和風旅館が同じ旭川市があるが、全く関係ない。

更にその後建物は取り壊され、「棺桶屋敷」なる謎の建物が出現したというお話。
棺桶はその後何者かによって持ち出されたが、社のようなものだけは今でも残っているという。

引用:もりのようかん (もりのようかん)とは【ピクシブ百科事典】

いや…鳥肌が立ちますねこれは……

あくまで「噂」ではありますが、あまりにもゲームと一致しているのは怖いですね。

 

そしてアニメ後半でモミが拾ったメモ「あんなえたいのしれ…にモ…をもっていかれるとは…」ですが、これは「あんな得体のしれないやつら(?)にモーターをもっていかれるとは……」と読むことができます。

ここで出て来る「モーター」ですが、ゲームの「もりのようかん」に出現する「ロトム」と深い関係が。

ロトム

「ロトム」の名前の由来は「モーター(motor)」の逆さ読み。「rotom→ロトム」

ロトムは特殊なモーターが入った家電に入り込むことによってフォルムチェンジすることが可能。

ロトムのフォルムチェンジに関しては、サン・ムーンのロトム図鑑記事にて詳しく解説中!
よろしければこちらもどうぞ。
ポケモンサン・ムーンのポケモン図鑑がロトム?QRや撮影機能も!

 

「得体の知れないやつら」に関しては「ギンガ団」説が濃厚。

「プラチナ」では「ギンガハクタイビル」のある部屋にてロトムのフォルムチェンジが可能。

更にその部屋の中にはプラチナで登場したギンガ団の幹部「プルート」の日記と論文も発見できる(どちらもロトムに関する内容)

ポケモン、プラチナ、プルート

以上の2点から「ギンガ団」による特殊なモーターを使った家電の強奪が予想されますね!

 

 

第11話は11月4日の深夜25時頃(5日の午前1時頃)が候補になります。

夜更かしはほどほどに、土曜日にじっくり見ることをおすすめします!

 

日本語版「エピソード10:森の洋館」

公式日本語版動画が公開されたので動画とキャストを紹介!

声優

モミ:能登麻美子
ラッキー:こおろぎさとみ

女の子:釘宮理恵

老紳士:有本欽隆

 

ほか、ポケジェネ感想記事は下からどうぞ!

Sponsored Link

-ポケモン, ポケモンジェネレーションズ, アニメ, 感想
-, , ,